Warning: file_get_contents(https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220305-00000313-oric-000-83-view.jpg?pri=l&w=640&h=471&exp=10800): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 400 Bad Request in /home/kadohanya/infotena.com/public_html/wp-includes/class-wp-image-editor-imagick.php on line 154

Warning: file_get_contents(https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220305-00000313-oric-000-83-view.jpg?pri=l&w=640&h=471&exp=10800): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 400 Bad Request in /home/kadohanya/infotena.com/public_html/wp-includes/class-wp-image-editor-imagick.php on line 154

【驚愕】内田有紀の相方がヤバい!!!!美男美女すぎるwwwwwwwwwwww

NO IMAGE

【驚愕】内田有紀の相方がヤバい!!!!美男美女すぎるwwwwwwwwwwww

【芸能】内田有紀の現場にいつもいる“仕事のできるイケメン”は柏原崇だった

1 フォーエバー ★ :2022/05/09(月) 19:33:44.53

「撮影の空き時間には共演者の満島ひかりさんと2人で、『木村(拓哉)さんいいですよね』『癒し系だよね~』とキャッキャと話していました」(ドラマ関係者)

【画像】内田の現場にいつもいる“仕事のできるイケメン”

 ドラマ『未来への10カウント』(テレ朝系)で30年ぶりにキムタクと共演している女優の内田有紀(46)。今もなお変わらない溌剌さには理由があって――。

◆ ◆ ◆

結婚、引退、そして離婚後の女優復帰で再ブレイク

今年が女優生活30周年の内田

 モデル活動を経て、17歳で女優デビューした内田。2002年には『北の国から』(フジ系)で共演した俳優の吉岡秀隆と結婚し、芸能界を引退。しかし、僅か3年後に離婚すると、06年に女優復帰を果たした。

「演技コーチを付けるなど努力を重ね、12年に『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレ朝系)で再ブレイク。その後も大河や朝ドラなど話題作への出演が相次いでいる」(芸能記者)

 16年にはドラマ『ナオミとカナコ』(フジ系)で広末涼子とW主演を飾った。監督の金井紘氏が振り返る。

「夫のDVに怯えながら、友人と共に夫の殺害を企てるという難役を演じられた。実力もキャリアもある方なのに、デビューしたての女優さんのようなハングリーさがあって、DVに関する資料も丁寧に読み込んでいました。雨でずぶ濡れになる大変なシーンでも、終わった瞬間に笑顔で『寒い~』と現場の空気を明るくしてくれて。美術部のアシスタントの子が肌荒れした際には家からクリームを持ってきてあげるなど気配りもあり、みんな内田さんのファンになっていましたね」

内田の現場にいつもいる“スーツ姿のイケメン”
 そんな彼女の現場には、「いつもスーツ姿のイケメンがいる」と関係者の間で話題になっているという。いったい誰なのか。

「俳優の柏原崇(45)です。94年のデビュー後、ドラマ『白線流し』(フジ系)などで脚光を浴び、04年に女優の畑野ひろ子と結婚しました。ところが結婚半年後、路上駐車を巡って傷害事件を起こして書類送検され、06年に離婚。芸能活動からも遠ざかっていき、14年の映画出演を最後に俳優としての活動はしていない」(スポーツ紙デスク)

 一方、内田とデートをする姿は度々目撃されている。

「95年にCMで初共演し、01年にドラマ『ビッグウイング』(TBS系)で再会。友人関係が続いた後、09年末から交際がスタート。これまでも競馬場や中目黒のレストラン、コンビニ帰りに手を繋いでいる姿など、仲睦まじいツーショットが報じられている」(同前)

 10年以上連れ添う2人だが、結婚はしていない。

「互いに離婚経験があるからこそ、再び失敗したくないようで“事実婚”状態を続けている。内田自身も女性誌の取材で結婚観を問われた際、『形を持つことには、あまり意味を感じなくなってきた』と答えています」(前出・記者)

 では、なぜ柏原が内田の現場にいるのか。

内田を“マネージャー”として支える柏原。その仕事ぶりとは?
「車で内田さんの送迎をするなど“マネージャー”として女優活動を献身的に支えているんです。時にはスタッフに『僕も使って下さいよ~』と冗談混じりに言うこともありますけど(笑)」(前出・ドラマ関係者)

 柏原の“出番”は現場のみに留まらない。

「実は、内田さんのインタビュー原稿も彼が目を通しているんです。記事を送ったら、返信メールの署名に『柏原崇』の名前がありました。確認もスピーディで、修正もこう直した方が確かに伝わりやすいと思うような的確な赤字ばかり。さらに原稿を褒める言葉まで添えてあって、凄く仕事の出来る“マネージャー”でしたね」(前出・記者)

 柏原の所属先に内田との関係や今後の活動などを問い合わせると、「現在柏原は裏方業を中心としているため、お答えする事は控えさせていただきたく存じます」と回答があった。

 内田自身は今後もドラマに引っ張りだこのようで、

「7月クールの日テレ系ドラマへの出演も決まっているそうです」(民放関係者)

 最強の“裏方”をセコンドに、幸せな未来へのカウントを刻み続けている。

5/9(月) 17:12配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/71b7ac68df6c68131049aff9b7e74416d139f160?page=1

(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)

続きを読む

続きを見る